サウナ入浴は憂鬱の症状を和らげます

熱は幸福をもたらします。浜辺で日光浴をして過ごす、あるいは温かい浴槽に浸かる、又は、サウナでリラックスをすると、その結果、たまにリラックス感と満足感に佇むことはありませんか?今般、研究の示すところによると、実際に規則的にサウナ入浴をすると、血液中のセロトニンの水準に測定可能な積極的な効果が与えられるというこ。セロトニンは、幸せホルモンであり、気分と行動に影響を与えます。

iStock_000075930487_Small-2.jpg

ストレスに関連する病気、心的健康そして気分の落ち込む疲れは主要であり、個人個人と社会両方に影響を及ぼす、増加している問題です。抗鬱薬の処方が増えるにつれて、私達は健康と気分に影響を与える代わりの方法に興味を持ちます。熱と健康の間の繋がりは、近頃幾つかの違った状況で脚光を浴びています。コロラド大学の研究者、クリストファー・ローリーは、体温の高い体と、幸福の間の関係について画期的な発見をした人達の中にいます。

「私達は温かさを喜びの感覚といつも関連付けます。直感的に、熱を盛んに焚くことを知っていますし、ずっと、研究の出発点となっています。」、彼は雑誌コロラドアーツアンドサイエンスに述べます。

ローリーは研究の中で、脳内のある特定の神経細胞の種類を見分けその神経細胞が、熱に敏感である、としています。体温が上がると、神経細胞は体の中でより多くのセロトニンを放出します。セロトニンは、感じ方、行動の仕方に影響を与える神経伝達物質です。殆ど全ての抗鬱薬は、セロトニン組織が影響を受けると、効果を発揮します。

「私は、科学を用いて、私達皆が認識していることを引き受け、関係し、その後、因果関係を説明する時が好きです。」ローリーはコロラドアーツアンドサイエンスに述べます。

研究は更に、体温が上昇した時、体内で正確に何が起こっているのかを見分けられることが必要とされていますが、ローリーの研究チームは独自の考えを持っています。

 「体は、自身を冷やそうとする時の、活発化した組織と、その時のリラックス感と喜びの間に関係がある可能性が有る。」と、彼は述べます。

彼は、より深く研究に踏み留まっていますが、体温と、私達の感じ方の繋がりは、とても明らかだと、述べます。落ち込んだ時、私達は冷えを感じる傾向が有り、また、抗鬱薬の副作用によって汗をかくことも一般的です。運動もまた、気分を高めると知っていますし、ローリーが部分的に身体運動に起因する体温増加に繋がることが出来ると考えているものが、何かも知られています。

軽度の落ち込み、春の疲労はありませんか?あるいは、リラックスに問題を抱えていませんか?自宅にサウナを設置すれば、簡単に貴方は毎日の習慣に有益に熱とリラックスを一緒に持ち合わせられますよ。伝統的に高温の中、あるいはドライサウナに入って乗り切りますか?もしかしたら、もう少し柔らかな、そしてもう少し蒸気のある方がお好みかも知れませんね。ティーロは貴方が必要とするヒーターとサウナルームを提供します。選ぶのが大変、ですか?もしそうなら連絡をして下さい。違うオプションについての話しもしますよ。ようこそ、温もりの世界へ!

 

出典

あのはっきりしない温かさの感覚:脳のセロトニン作動性神経物質と感情の法則、国立生物工学情報センターオクトン憂鬱処方: 汚れる、温もる、コロラドアーツアンドサイエンス